Clothes

UNIQLO +J 2021AW ダッフルコートを改造してよりクラシカルに!

camphor-tree.net

スポンサーリンク

みなさん、今年のUNIQLO +J コレクションではなにか購入しましたか?

相変わらずの注目度で、発売前からかなりのメディアで取り上げられていましたが、中でも注目されていたのはやはりアウターではないでしょうか。

今回はそんなアウターの中でも、最も高価格だったメンズのオーバーサイズダッフルコートを購入し、さらに自分なりに改造してみたので記事にしました。

オーバーサイズダッフルコート

オーバーサイズダッフルコートとは、2021AWのUNIQLO +J コレクションのメンズラインから展開されていたアウターの一つで、
その価格は約3万円と、今回のラインナップの中では最も価格が高いため、かなり注目を集めていました。
確かにユニクロで3万のコートって、ちょっとやりすぎじゃない?って思ってしまいますよね。筆者も最初はそう思ってました。

しかしさすがはジルサンダーさん。
実際に店頭で手にとってみると、生地もウール100%であったかそうだし とてもしっかりしていました。
また、シルエットはトレンドのオーバーサイズを踏襲しており、肩の落ちている感じなんかがかなり筆者好みでしたね。
さらにはサイドスリットの工夫をすることで、今までのダッフルコートとは一味違う、Aラインシルエットがとてもきれいでした。

くっすー
そしてうっかり購入してしまいました。

なぜ改造しようと思ったのか

ではなぜ今回改造しようと思ったのかについてですが、
確かに、シルエットやディテールについてはとても良くできていて、生地も申し分ないとは思ったのですが
トグルのチープさが目立ってしまいまして・・・。

カラーをブラックに統一することで、スタイリッシュさを演出しているように見えますが
よく見てみるとアクリルパーツのような仕上がりでチープさがどうしても抜けません。惜しい!

これがレザーに水牛トグルだったらなあ、とか
いっそ麻紐に木製トグルでクラシックに着たいなあ、とか

そんなふうに思ってしまったわけです。
またかなり注目されていたコートなだけに、この冬間違いなく周りと被るだろうな、と思っていもいたので
今回思い切って改造してみることにしました。

いざ改造

今回はせっかくなので、クラシカルに麻紐と木製トグルに交換してみます。
ダッフルコートは、もとを辿れば海軍用のコートです。船の上での極寒の環境で、手袋を着用しながらもボタンの取り外しを容易にできるようトグルボタンが採用されていました。

少しカジュアルに見えてしまう麻紐と木製トグルの組み合わせですが、当時のディテールはむしろこちらです。
今回はヴィンテージっぽくいきましょう。

そしてトグルはどこで調達したのかといいますと、言わずとしれたグローバーオールの通販にて購入しました。
グローバーオールといえば老舗も老舗。ダッフルコートといえばのブランドです。
こちらのブランド自体「モンティ」と呼ばれる当時のダッフルコートを再現したモデルがあるのですが
そのモデルで使用されている純正トグルを別売りで販売しているんですね。

どうせなら本物!ということでこちらを選択しました。価格は約4000円でした。

https://g-a-collection.shop-pro.jp/?pid=92241712

トグルの交換自体は、お近くのお直し屋さんにて受けてもらえると思います。
筆者も最寄りのお直し屋さんでお願いしたら快く受けてもらえましたね。ですが、こうしてほしい!というイメージ画像があるとより再現度高く交換してくれると思います。
ちなみに筆者はLENOのダッフルコートの画像を見せて、「これと同じにしてくれ」と伝えました。

工賃は約6000円でした。これは場所によって異なると思いますが参考程度に。

改造した結果

そして仕上がりがこんな感じです。
どうですか、かなり再現度高いですよね。
個人的にはかなり満足な仕上がりです。

シルエットやディテールはそのままに、パーツのクオリティを上げることでコート全体の完成度により磨きがかかったような気がします。

 

この投稿をInstagramで見る

 

くっすー(@kussu_blog)がシェアした投稿

オールブラックではないため、カジュアル寄りにはなりますが
筆者の普段の服のテイストによりマッチしたダッフルコートになりました。
ニューバランスのスニーカーやそれこそミリタリーパンツのM47とだってベストマッチです。なんせクラシカルにカスタマイズしていますから。

くっすー
これなら周りと被ることなく堂々と外を歩けます!

今回、パーツ代と工賃でプラス1万円かかったことになりますが
4万円でここまでシルエットがきれいな丈もたっぷりあるオーバーコートってなかなか見つからないんじゃないかなと個人的には思っています。
さらには自分でカスタマイズしたということで、愛着も一層深まる結果となりとても満足です。

この冬はヘビロテしようと思いました。

今回紹介したアイテム

https://www.uniqlo.com/jp/ja/products/E446358-000/00?colorDisplayCode=09&sizeDisplayCode=004

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
くっすー

くっすー

カッコいいものに目がない自称変態ミーハーサラリーマン。趣味は買い物・ゲーム・自宅ファッションショーなど 大好きなウィンドウショッピングをコロナに奪われたことで一念発起しブロガーデビューを果たす。

-Clothes

© 2022 ITエンジニアだってオシャレしたい Powered by AFFINGER5